Close

オーストラリアのオーガニックコスメブランドsukin(スキン)が優秀

 

 

sukinっていうと、オーストラリアで暮らしている女性で知らない人はいないんじゃないかってくらい、ケミストやファーマシーのようないわゆるドラッグストアで必ず見るあのブランドです。

実際に使ってみてかなり好印象だったので、今回はsukinについて詳しく調べてみました。

 


  

 

 

私が愛用していたのはクレンジングジェル

 

さて、私がsukinを使い始めたのはワーホリスタートから2ヶ月頃。

日本から持ち込んだクレンジングが底を尽きたので、何か良いクレンジングはないかと探していました。

しっかり落ちてできるだけ肌に優しいジェルやクリームタイプが好きなんですが、オーストラリアって拭き取りタイプの化粧落としが多くてなかなか良いものが見つからなかったんです。

そんな時目についたのが、シェアメイトが使っていた見るからに肌に良さそうな(?)パッケージのシャンプー。

そういえばこのブランドよく見る気がするな、チェックしてみるか。

とケミストを散策して見つけたのがこれ。

f:id:arasaax:20180916125813j:image

センシティブ用のクレンジングジェルです。

(待って、めちゃくちゃ私写り込んでるw)

 

で、これ個人的にかなり重要なんですが、sukinは結構頻繁にセールになります

私が見つけた時も半額セールの真っ只中。半額までいかなくても3割引とかよくやってるので、間違っても定価で買うべきじゃないです!

オーストラリアは物価高いからね、何事も節約。

ちなみにこのクレンジングは定価が$14くらいなんですが、半額の時に買いだめたり、割引き以外で買ったことはありません。

 

それからこのジェル、かなりテクスチャーが硬いので、そのまま肌につけてはいけません。

適量の水を足してしっかりあわ立てて、洗顔料みたいに優しく洗って落とすタイプ

なので、ボトル自体は小さめだけど、結構持ちます。だいたい8ヶ月で3個使いきるくらいだったかな。

しっかり落ちるし肌トラブルもなくてかなり優秀でした!

 

 

そもそもsukinってどんなブランド?

 

オーガニック先進国と言われるオーストラリアでは、食品やコスメなど、こだわりのオーガニック製品が数多く手に入ります。

そんな中でも一番売れているオーガニックコスメブランドとして非常に有名なのがこの「sukin」なんです。

調べてみるとsukinは2007年にメルボルンで誕生したブランド。

100%自然由来の原料から作られていて、香料や着色料、シリコンなど人工的な原料を一切使用せず、環境保護にも重きを置いている、正真正銘ナチュラル志向のブランドです。

ラインナップもコスメだけにとどまらず、ベビーやヘアケアなど多岐にわたっています。

コスメだけでも、通常のラインとは別に、センシティブ用やオイリー肌用、スーパーグリーンと言ってケールやパセリなどの栄養成分を使ったラインなどなど種類が豊富。

自分の好みに合わせて選べるのはかなり魅力的です。

 

で、さらに嬉しいのが手に取りやすいその値段。

ミストトーナー、いわゆる化粧水で約AU$11。

そもそも安いのに頻繁にセールになるんだから、物価の高いオーストラリアで気軽に試すことができてありがたい!

 

商品等チェックしてみたい方の為にHP載せておきます^^

sukin HP

 

 

お土産にフェイスパックを大量購入

 

かなりこのsukinが気に入ってしまった&タイミングよくセールになっていたこともあって、帰国時のお土産にも採用しちゃいました^^

パッケージもシンプルで可愛くてお土産にぴったり!

これはセンシティブ用。

全てのラインを数個ずつ購入して日本に送りました。

 

最後に住んでいた台湾人のシェアハウスのオーナーも、sukinがハーフプライスになるたびに大量に買って台湾の家族に送ってるらしいです。

 

 

まとめ

 

ということで、オーストラリアでいい化粧がないか探していたり、オーガニック製品が気になっている方は、安くて試しやすいsukinをまず試してみてはいかがでしょうか^^

もちろんお土産にも本当にオススメ!

 

そのほか値段が上がれば日本でも有名なオーガニック化粧品はたくさんありますが、安くていいものに越したことはないですよね。

 




  

 


Warning: printf(): Too few arguments in /home/yu0626ka/yu0626ka.com/public_html/wp-content/themes/nucleare/inc/template-tags.php on line 117

コメントを残す