Close

【ベトナム・ハノイ女一人旅】バッチャン村で焼き物体験&お土産探し




1日目は楽しみにしていたバッチャン焼きの村、その名も”バッチャン村”に行ってきました!

バッチャン焼きは人口約5000人の小さな村で作られていて、ベトナム土産としても有名。

村の住人の実に9割が陶器の焼き物を作って生計を立てているというんだから、どんな素敵な焼き物に出会えるのか楽しみですよね!

 


 

 

1、バッチャン村への行き方

 

村への行き方は

・ツアーに申し込む

・タクシーで行く

・路線バスで行く

この3つの方法があります。

 

今回私は、ローカル気分を満喫したかったので路線バスを利用しました。

バスは旧市街から少し北、ドンスアン市場から徒歩10分ほどの「ロンビエンバスターミナル」から出ています。

↑ロンビエンバスターミナル

ここで「47A BAT TRUNG」と書かれたバスに乗ります。

BAT TRUNGがバッチャン村という意味で、バッチャン村は終点です。

 

乗車するとバスの一番後ろに制服を着た集金係の人がいて、座っていると回ってくるのでその場で料金を支払い、領収書のようなものをもらいます。

お値段なんと7000VND

日本円で約32円!激安!

タクシーで行くと3000円くらいかかるみたいなので、断っ然バスをオススメします!!!

 

どんどん景色が変わって田舎になり、途中牛の大群に出くわして渋滞するという貴重な体験も。

改めてすごい光景。

それから写真を撮っていたら向かいに座っているおっちゃんが俺も撮ってくれ!とジェスチャーで言ってきたのでカメラを向けるとおっちゃんの横に座っていたおばちゃん(多分奥さん?)にキレられるという理不尽な体験もしましたよ(笑)なんかごめんね。

さて、そんなこんなでキョロキョロしていると、40分~50分ほどで到着です。

 

2、焼き物体験

 

バッチャン村は、路上で野菜を売っていたり、古い民家が立ち並ぶ聞いていた通りの小さな村でした。

 

到着後まずはお目当の焼き物体験を求めて村をうろうろ。

歩いていれば見つかるかな?と特に調べずに行ったものの、なかなか見つからず。

一応英語と身振りで町の人に聞いて回ったのですが、どうにもうまく意思疎通できず。(汗)

楽しみにしていたのに体験できないんじゃ、、、

と路頭に迷っていると、30000VNDと書いたチラシを持ったおばちゃんに声をかけられました。

言葉は意味不明だったけど、ろくろを回すしぐさですぐにピンときました。

いや〜助かった!(笑)

おばちゃんについて行くと

大きな道ではなくて、ちょっと裏通りのようなところに。これは見つからないわけだ。

そして平日の午前中だからか誰もいません。貸切!

というか、観光名所だろうに全体的にあんまり観光客がいなくてめっちゃ観光しやすい村でした。

 

値段以外は特に説明もなくいきなり制作スタート。

まずはお手本。

ちなみに、制作料は1個につき30000VND(約140円)です。

おばちゃんと全然言葉が通じないので(笑)見よう見まねでやっても難しすぎて形にならず、後から来たお姉さんが手を添えて一緒に作ってくれて、なんとかコップとお椀ができました!

 

そして作った後は絵付け。

バッサバサの筆と絵の具でなんとか描き上げます。

この後焼き付けをしてもらうかそのまま持って帰るか聞かれますが、そのままだと強度がなくてすぐに壊れてしまうので、焼いてもらうのがベター

この時は3日ほどかかると言われましたが、明日日本に帰ると伝えると次の日にホテルまで届けてくれました。

 

ちなみに絵付けや焼き付けなど一つずつの工程でお金がかかるようです。

細かい内訳は言葉がわからなくて聞き取れませんでしたが、私が支払ったのは

全部で250000VND(約1175円)でした。

 

<体験場>

名前 SAN CHOI GOM DANG TUYET
住所 XOM 3 BAT TRANG GIA LAM HA NOI
TEL 0972-196-808 0979-697-506

 

3、可愛い焼き物がいっぱい!お土産探し

 

さて、無事に陶芸体験を終えた後はお土産探しです。

 

バッチャン村に入ってすぐのところに市場があるんですが、焼き物屋さんが目一杯つまっているので買い物はここで全部済みます。

 

とにかくどれも可愛くて、本当にお土産にぴったり!

今回せっかくなので私はこのように裏にバッチャンの刻印があるものを買って帰ると決めていて、いちいち焼き物の裏をチェックしていたんですが

これ絶対にするべき!

 

なぜなら

いや、

ZARA HOMEて!!!

これはさすがにアウトじゃないか(笑)

 

伝統的な柄物だけでなくモダンな感じの無地のものも多く置いてあるのですが、だいたいそういうものには刻印がなかったり謎の刻印がされていたり、時には写真のようなZARA HOME、、、。

要チェックです。

 

ちなみに私はお土産にこのお茶碗を合計で4つと湯呑みを1つ購入しました。

全部でお値段180000VND。(約846円)

大量買いにもってこいです。

あ、でもすごくしっかりした作りで重いので、帰りの飛行機の重量には気をつけないとダメですね。

 

4、番外編、芋、食べました

 

帰る前に小腹が空いたので、路上で売っている芋を食べてみました。

なんだか見た目が可愛かったので気になったんですよね。

喉も渇いていたのでペットボトルの水も購入。

合わせて20000VND。(約94円)

 

味は、マジで芋。いや当たり前ですが。なんの味付けもしていない芋を茹でて潰して丸めた感じ。

サツマイモ?紫芋?よくわかりませんが、芋本来の甘みのみで、味のない食べ物が大好きな私にはぴったりでした。

ただ喉が乾くので水分なしでは無理です。

 

5、まとめ

 

陶芸体験とお土産探し、それから移動時間を入れて大体5時間ほど。

ローカルな雰囲気とかわいい焼き物を存分に満喫することができました!

今回滞在は2日弱という弾丸ツアーだったので、バッチャン村くらいの距離感だと観光するのにちょうど良かったです。

注意したいのは、体験で作った焼き物を届けてもらうことを考えると、旅行の1日目に行っておいた方がいいという事ですね。

 




にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


Warning: printf(): Too few arguments in /home/yu0626ka/yu0626ka.com/public_html/wp-content/themes/nucleare/inc/template-tags.php on line 117

コメントを残す